チャットレディが税務調査で焦らないための対策法をご紹介!

広島のチャットレディでも税務調査が入るかも?

気軽に始められるチャットレディは、広島でもやっている方が多いですが、稼いだ分の税金を納めなければいけません。
稼ぎが出た場合、正しく申告をしないと税務調査が入り、泣き寝入りする可能性もあります。

しかし、調べられても乗り切れるやり方があります。
どうすれば調査が入ったとしても慌てずに済むのでしょうか?

今回は、確定申告の基礎知識から税務調査をされる時期などをご紹介しつつ、安心して仕事を続けられる方法をご紹介します。

確定申告について知っておこう!

コメント
広島でチャットレディをしている人の中には、専業主婦学生の他に、副業としてやっている人もいるでしょう。
その中には、確定申告について知らないという方も、いるでしょう。

まずは、確定申告の基本的な知識について知っておくべきです。

確定申告はよく聞くけどどんなことをするの?

まず税務調査が入る可能性よりも、確定申告について詳しく知る必要があります。
確定申告とは、毎年の元日から大みそかまでの1年間の所得税を計算し、税務署に確定申告書や必要書類を出して納税する手続きです。

確定申告には期限があり、それまでに税務署に訪れて申告します。
税金を納めることは国民の義務なので、基本的には学生だろうと専業主婦だろうと関係ありません。
課税対象になるほどの収入がある人が、適正な税金を納付するために、所得金額を確定して税務署に申告する制度なので毎年必ず行います。

なぜチャットレディが申告をしなければいけないか

チャットレディで収入を得ている人は、一般的に個人事業主という扱いになります。
個人事業主は、仕事をして事業所得を得ているため、基礎控除や生命保険料控除などの所得控除を引いた額が所得額になります。

所得額が赤字でない場合は納税対象になるため、確定申告が必要です。
少額の収入でも納税額は発生するため、確定申告は必ず行いましょう。

しかし例外として、収入が年間20万円以下の場合は申告する必要はありません。
ただ、年間20万円以下というと、1ヶ月約16,000円しか稼いでいないことになるため、チャットレディの場合は確定申告を出さなくてはいけない場合が多いでしょう。

チャットレディが調査を受ける時期は?

税務調査が入る時期は、確定申告書と実際の所得を参考に行われます。
また個人の場合だと、計算などのケアレスミスで実態を疑われるなどのケースもあります。

ここでは、最初の税務調査が行われるきっかけを見ていきましょう。

口座情報が確定申告書と内容が異なる場合

これは、収入を口座振り込みで受け取っている方が対象になります。
税務署は個人の口座情報を見られるので、確定申告書に記載された金額と、実際に振り込まれている額が明確に異なる場合は、調査が入ってしまいます。

しかし、調査がすぐにされるわけではなく、数年後に連絡が来る可能性が高いです。
その方がたくさん税金を徴収できるからです。
申告後に書類の記載内容に間違いがあった場合やケアレスミスがあった場合は、確定申告の訂正や修正ができるので早めに手続きをしておきましょう。

チャットレディの仕事を始めて3年後の場合

チャットレディで利益がある人が、税務署に調査をされる確率が高いのは、収入が多くなると見込まれる、約3年目以降です。
事業を始めてすぐは収入が少ないと考えられていて、収入が多くなってくる3年目以降が目途になります。

また、税務署では過去3年ほどの記録を遡り調べられるので、調査材料が揃ってくる3年目以降で税務調査をすることが多いです。
加えて、消費税の課税は3年目からになります。
そのため、消費税の申告漏れと、所得税や住民税の申告漏れや不備について調べるため、まとめて調査に入りやすい3年目からの確率が高いです。

数年間も赤字の場合

確定申告の収入が数年間赤字の場合に、事業をしているかの確認や私的な出費を経費にして上げていないかなどの確認をするために調べられる可能性があります。
また、あまりにも所得が少ない場合も、同じ理由で調査されます。

収入金額が少ない時期が続いた場合、実態を証明するための契約書と経費を計上している証明が出来る書類を揃えておきましょう。

代理店やサイトが調査対象になった場合

所属の代理店やサイトに税務調査をした時に、範囲を拡大して取引相手である個人も調査することがあります。
代理店が実施している取引の記録と、申告内容に差があったり隠蔽や改ざんなどがあったりする場合、調べも厳しくなります。

申告をしていない人も税務調査が入る可能性も

申告をしていない人も税務調査が入る可能性も
事業として青色申告をしている人も調査対象ですが、白色申告をしている人や申告をしていない人も対象になる可能性もあります。
確定申告をしていない人の中で、税金の申告違反になる場合が多い理由を見ていきましょう。

チャットレディの所得が少ない

扶養範囲内で働いている人や副業として働いている人の中には、収入が少ないからと申告をしていない人もいるでしょう。
しかし、他の会社に勤めていて、そこで給与所得が発生している場合や、扶養範囲が狭くなっている場合は住民税が掛かります。

もし申告をしておらず、未納の税金がある場合は、無申告加算税や延滞税などの課税対象となり損をします。
それだけでなく、周囲にばれるなどのリスクも伴うでしょう。

住民税を納付する方法は2通りで、世帯主や本業として働いている会社の給与所得から、源泉徴収される特別徴収と、自分で納税する普通徴収があります。
これらは確定申告書内に支払い方を申告できる欄があるので、よく確認をしておくと良いでしょう。

海外のサイトや代理店に登録している

海外のサイトや代理店から入金されているから、確定申告をしなくていいと思う方も多いですが、日本国内の居住者は海外での所得でも全てが課税対象になります。

海外のサイトや代理店でも、国内で勤務した仕事の所得は、国内源泉所得に該当します。
国内源泉所得は、国内に所得が生じた場所や源泉がある所得をいい、入金が海外から行われていても仕事自体は日本国内で実施しているので課税対象です。
国内源泉所得の申告をしていない場合が税務調査で判明すると、無申告加算税などが科せられるので注意が必要です。

税務調査をされたチャットレディの事例

チャットレディをしている女性で、実際に税務署から調査を受けた事例をご紹介します。

コメント
大学生の女性は趣味の一環として海外サイトで始めてみたところ、集まってくれた人たちと盛り上がり1ヶ月に約200万近く稼いでいたそうです。
大学生だったため、確定申告をせずに大学生活を送っていましたが、税務署から突然連絡があり、確定申告をしていない額が入金されていることを知られ、税務調査をされました。
稼いだお金に手をつけていなかったものの、無申告加算税と延滞税が科せられてしまい、稼いだお金が全てなくなったという事例です。

大学生でも口座情報は全て税務署で見られるので、収入があった場合は必ず確定申告を行いましょう。

税務調査は一度きりではない!

税務調査は一度きりではなく、定期的に行われます。
チャットレディの仕事を始めて、3年目以降になって初めて調べが入った場合は、焦らずにきちんと対処できるようにしておきましょう。
調査対象のきっかけになった事柄を元に、調査が入らないようにきちんと申告をしておくと税務調査が入る可能性もなくなるでしょう。

しかし、収入がある時はいずれ税務調査を受けます。
調査が入った時のために、常に帳簿を付けておくと安心です。

また必要経費の計算を正しく行い、基礎控除や生命保険料控除などの所得控除を活用するなど節税を行いましょう。
チャットレディでの所得を雑所得ではなく事業所得として青色申告を行えば、青色申告控除も受けられ、控除の金額が増えると課税所得金額を下げられます。
金額によって、青色申告に変えることを視野に入れると安心できるでしょう。

税務調査は大手の代理店に任せれば問題なし!

チャットレディをしていることが家族などにばれるかと思うと、不安になる方も多いでしょう。
バレてしまうと、家族や周りの人からも信頼性を失う可能性もあるので、自分の所得を正しく申告して納税しましょう。

広島で一人暮らし中や専業主婦のチャットレディで、一人での申告が不安だと感じる人は代理店を通じて仕事をすると安心できます。
広島でも代理店はあるので、安心してください。

ただし、代理店を選ぶ時は、社会的に信頼性が高い大手の会社を選ぶと良いでしょう。
中でも長期にわたり会社経営をしている、広島のチャットレディ代理店アリスは、信頼性が高く安心できるのでおすすめです。
顧問税理士も常に在籍しているので、確定申告をする時も細かいところまでフォローしてくれます。
顧問税理士に確定申告を任せれば、ケアレスミスや経費ミスも少なくなります。

広島で今まで一人で確定申告をしてきた方や、最近初めたばかりの方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です