年末調整でチャットレディがバレる?確定申告の対策を知ろう!

年末調整でチャットレディがバレてしまうかも

年末調整は、会社に勤務している人であれば毎年行っています。
しかし、個人事業主の場合は年末調整がありません。
個人でチャットレディをしている人ももちろん、年末調整はないということになります。

ただし、副業や配偶者の扶養内でチャットレディをしているという人の場合は、年末調整で、他に収入があるとバレてしまう可能性があります。
副業や扶養内でチャットレディをしている人は、何らかの対策を取らなければいけません。

今回は、年末調整と確定申告の違いや年末調整時の対策、所得をできるだけ抑えるための方法などについてご紹介します。

年末調整と確定申告の違いを知ろう

チャットレディとして収入を得る際には、年末調整確定申告の違いを知っておく必要があります。
チャットレディは基本的に個人事業主という扱いになるため、所得を自分自身で管理する必要があるためです。

所得の管理ができないと、周りにバレたり、脱税を疑われたりする可能性があります。
トラブルに発展させないためにも、年末調整と確定申告の違いを理解し、手続きをしなければいけません。

年末調整とは?

年末調整は、会社が勤務している従業員が納めなければいけない税金を計算し、源泉徴収の金額と比べ、過不足を調整するというものです。
収入を得ている勤め先だけで行われますが、副業をしている人は一番多く収入を得ている会社だけで年末調整をするのが基本となっています。

チャットレディの場合は、給与という形ではなく報酬としてお金を受け取ります。
つまり、給与所得ではありません。
したがって、チャットレディの報酬からは、税金が源泉徴収されていないことになります。
そのため、年末調整を行う必要がないのです。

確定申告とは?

確定申告は、1年間で得た所得と掛かる税金を自分で計算し、申告します。
計算することで、納めなければいけない税金(住民税と所得税)の額が算出されるため、納税しなければいけません。
会社に勤めているサラリーマンの場合は、毎月支給される給与から源泉徴収で税金が引かれているため、確定申告をする必要はありません。

しかし、チャットレディで得た報酬から、税金が引かれることはないので、自分自身で確定申告をする必要があります。
ただし、確定申告は所得金額が20万円以上になった場合なので、それ以下であれば、行わずに済むのです。

確定申告をしなければいけないかどうかを知るためには、「収入-経費(-控除)」という計算で確認できます。
これは、チャットレディに限ったことではありませんが、所得は手にした収入から、経費や控除を引いた額になることを覚えておきましょう。

経費とは?

経費は、収入を得るために必要な出費のことです。
チャットレディの経費になるものとしては、通信費やパソコン代・スマホ代・エステ・美容院・サプリメント・家賃・タクシー代などがあります。

インターネットの通信費やプロバイダにかかる料金が通信費に分けられますが、チャットレディ専用で使っている場合は、全額経費に計上できます。
プライベートでも使っている場合は、プライベート分を差し引いて50%で計上するのが一般的です。

ステや美容院・サプリメント代は、自分磨きをすることで、チャットレディの仕事に活かせるのであれば、経費として計上可能となっています。

控除とは?

所得金額から差し引かれる所得控除は、医療費控除や基礎控除など、さまざまなものがあります。
その他にも、配偶者控除や扶養控除・障がい者控除・生命保険両控除・青色申告特別控除などがあるため、知っておいて損はありません。

特に、自分自身で確定申告をするのであれば、青色申告特別控除は知っておいた方が良いです。
青色申告特別控除というのは、10万円~65万円の控除が受けられるというものです。
青色申告特別控除をすることで、住民税や所得税の節税効果が期待でき、国民健康保険料を減らせるというメリットを実感できます。
個人事業主としてチャットレディをしている人であれば、ぜひ利用したい控除だと言えます。

コメント
白色申告の方が簡単だと言われていますが、青色申告の方が大きな節税効果が期待できるのでおすすめです。

チャットレディが年末調整でできる対策

チャットレディをしている人の中には、副業でやっているという人や、扶養の範囲内でやっているという人もいます。
そのような人は、本業の会社に知られたくない、配偶者に知られたくないと思っているケースも少なくありません。

続いては、チャットレディが年末調整の際にできる、対策について見ていきましょう。

副業でチャットレディをしている人の場合

チャットレディを副業でしている人は、基本的に本業の会社で年末調整が行われます。
この時に、何かしらの副業をしていることが、会社にバレてしまう可能性があります。

なぜバレてしまうのかというと、源泉徴収した金額と納めなければいけない税金の過不足がないか、年末調整で調べられるためです。
同じくらいの給料が支給されている社員と比べたときに、明らかに所得税額や納税額が多いと、「他に収入を得ているのではないか?」と思われてしまいます。

会社に副業がバレないようにするためには、自分自身で確定申告をする必要があります。
確定申告書には、住民税の納付方法を選択する場所があるので、普通徴収を選びましょう。
普通徴収にすると、チャットレディで得た報酬に対する税金は自分で納めることになります。
そのため、本業の会社は納税額が多いと気が付きません。

しかし、普通徴収ではなく特別徴収を選んでしまうと、本業の給料から引かれる税金の額が大きくなってしまうので要注意です。

副業をしている人の場合、確定申告で本業の会社が発行している、源泉徴収票が必要になります。
多くの場合、12月の給与明細と一緒に渡されるため、確定申告の時期まで無くさないように保管しておいてください。

扶養の範囲内でチャットレディをしている人の場合

チャットレディをしている人の中には、配偶者の扶養の範囲内で働いている人もいます。
その場合も、配偶者の年末調整でバレてしまう可能性があります。

もしも、扶養控除や配偶者控除を申請しているのであれば、控除の対象から外れてしまうでしょう。
また、会社から控除申請を修正するように求められるため、家族に何か仕事をしているとバレてしまいます。

チャットレディをしていると知られたくないなら、扶養の範囲内に収まるように働く必要があります。
毎月の報酬を計算し、合計所得が38万円以下になるように調整しながら働くのです。

38万円を超えてしまいそうな場合は、自分自身で確定申告を行いましょう。
チャットレディの報酬は、事業所得もしくは雑所得になります。
事業所得と雑所得は、どちらも経費を差し引けるため、課税の対象になる合計所得を38万円以下に抑えられます。

確定申告をスムーズに進めるためには税理士に相談を!

確定申告は、難しいものだと思われがちです。
確かに、初めての確定申告は分からないことがたくさんあり、戸惑ってしまう人が多いです。
そのような場合は、税理士からサポートしてもらうと良いでしょう。
中には、会計ソフトを使って、自分で確定申告をしっかりとできる人もいます。
しかし、そうではない人も多いのが現状です。

そのような人は、ぜひ税理士に相談してみてください。
実績や実力がある税理士は、ただ申請に必要な書類を作ったり、収支の計算をするだけではなく、事業をより良くできるためのアドバイスをしてくれます。
税理士に依頼するメリットは、個人事業主にとって大きいと言えるでしょう。

ただし、税理士といってもチャットレディの仕事を理解している人はそこまで多くありません。
税理士を選ぶ際には、インターネット事業やIT関連事業に関する理解がある税理事務所を選ぶと、失敗する可能性が高まります。
また、経費の認定を曖昧にしてしまう税理士もいるため、損をしてしまうケースもあります。

自分自身が損をしないようにするためにも、チャットレディという仕事に理解がある税理士を探した方が良いです。

税理士探しをしている中で、分かりやすい説明をしてくれるか、対応は迅速か、税金対策や節税対策に関する提案をしてくれるかという点は重視すべきです。
自分に合う税理士を見つけるのが難しいと感じる場合は、税理士を紹介するサイトなどを利用してみてください。

代理店に登録していれば年末調整も安心!

コメント
毎年行われている年末調整は、チャットレディをしていることがバレてしまう可能性があるタイミングでもあります。
そのため、確定申告でしっかりと対策を取る必要があるのです。

もしも、年末調整で不安を感じているのであれば、広島のチャットレディ代理店・Alice(アリス)に入ると良いでしょう。
アリスは、長い実績を持っている代理店で、多くのチャットレディが在籍しています。
副業や扶養の範囲内で働きたいと考えている人も多いため、状況に合わせてアドバイスをしてもらえます。

また、社会的な信用もあるため、安心感も高いです。

確定申告のサポートもしっかりと行っていて、収入証明に必要な所得証明書も、発行してもらえます。
顧問税理士もいるため、専門家から確定申告のアドバイスや質問に対する回答をもらうことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です