チャットレディが賃貸契約の審査に通過する方法

チャットレディの賃貸契約は要点を抑えることで可能になる!

チャットレディの仕事を始めてみて、安定した収入を得ることができてくると今よりもっといいアパートやマンションに住みたいと思い始める人もいるのではないでしょうか。
駅から徒歩圏内の部屋やチャットレディとして働くために防音対策のある部屋など、より良い暮らしを求めていけるのもチャットレディの楽しみの一つです。

しかし、チャットレディの仕事は世間的にはまだ認知度が高くはありません。そのため、信頼性も薄いので賃貸契約の審査が通りにくくなってしまうのです。

せっかく高収入になっても部屋のグレードアップができないとなると、少し気分も落ちてしまいますよね。

しかし、要点をしっかり押さえることでチャットレディでも賃貸契約の審査が通りやすくなるのです。

コメント
引っ越しや、チャットレディとして働くための仕事部屋を借りたいと思っていた人は要点をしっかり学んでいきましょう。

チャットレディが賃貸契約をする際に遭遇する問題点

賃貸契約を結ぶ際には必ず審査が行われます。審査内容は、家賃を支払う能力があるか、連帯保証人はいるか、人物像などです。

連帯保証人は身近な人で保証人になってくれる人がいればクリアできます。
ただ、家賃の支払い能力や人物像で引っ掛かってしまう人が多数いるのです。

チャットレディの仕事は個人事業主のため、収入は安定しているとはいえません。高収入であるとはいえ、その金額に波が出てしまうのです。その不安定さから審査が通りにくくなってしまうのです。

また、チャットレディの仕事はネット上の仕事なので比較的新しくマイナーな仕事であるといえます。世間一般的にはまだ認知されていないことのほうが多いため、先々の収入の予測が不可能といった不安から長期の契約を断られてしまう場合があるのです。

そして、ナイトワークと関連付けて反社会的勢力との繋がりを警戒されるといった場合もあります。

提出書類に関する問題点

賃貸契約を行う際には、職業名を書く欄が設けられています。この欄に記入する際に「チャットレディ」と書いてしまうと審査が通りにくくなってしまう可能性があるのです。

チャットレディという職業名を書いた際に、夜に騒音が発生する可能性があるといった理由で賃貸契約を断られてしまったケースがあります。在宅でチャットレディをする際に隣家に迷惑をかけてしまった人が過去にいたのでしょう。

また、賃貸契約の際には自分と連帯保証人の収入証明書の提出が必要になります。収入証明書とは「所得証明書」「源泉徴収票」「課税証明書」のことです。給与所得者の場合は源泉徴収票の提示を求められることが多く、チャットレディのように個人事業主の場合は確定申告書の提示を求められることが大半です。

確定申告書は第一表のみであれば問題ないのですが、第二表の提出が必要になってしまうと問題が発生します。第二表には会社名を記入する箇所があるため、ライブチャットサイトの会社名からチャットレディという職業が割り出されてしまう可能性が出てくるのです。

このような状況から、確定申告書を提出してしまうと審査が通らない場合もあります。その場合は、課税証明書を収入証明書として提出してもいいかどうか不動産会社に問い合わせてみましょう。

不動産会社によっては課税証明書を収入証明として扱ってくれる場合もあります。ただ、課税証明書を発行するためには手間がかかりますので、確認は早めに行うように注意しましょう。

チャットレディが賃貸契約の審査を通過するためにできること

チャットレディが賃貸契約の審査を通過するためにできること

賃貸契約の審査の中には人物像という点があります。不動産会社は大家さんと部屋を借りたい人の仲介であるため、自信をもって大家さんに紹介できるかどうか見極める審査となるのです。

人は外見ではないという綺麗ごとはこのような審査の場合通用しません。判断材料としては、話し方や外見、社会的常識があるかどうかを見極められます。

この人物像の審査では清楚なメイクや服装、丁寧な話し方やきちんとした態度を心掛けることで簡単にクリアできるでしょう。

収入があっても散財をしてしまう人という印象を持たせないために、ブランド品や高そうなアクセサリーを身に着けることも控えたほうがいいでしょう。

コメント
人物像は自分が気を付けることで信頼を勝ち取りクリアすることが可能です。しかし、家賃の支払い能力があるかどうかの判断は事実に基づいて審査されるため、テクニックが必要になってきます。

会社経営している知人に協力をお願いする

会社経営をしている知人に頼んで在職証明書を作ってもらうという方法があります。在職証明書を発行してもらうことによって、会社勤めをしているということで信頼も得ることができますし、チャットレディの仕事をしていることが不動産会社に知られずに済みます。

しかし、この方法はあまりおすすめできません。書類に嘘の内容を書いてしまうことは賃貸契約違反になってしまうこともあります。

また、協力してくれた知人にもリスクを背負ってもらうことになりかねませんし、不動産会社に嘘がバレた際には強制退去になってしまいます。

嘘がバレなくても審査の際に会社へ連絡が言った場合、口裏を合わせなければいけなくなるなどの面倒なことが起こります。

この方法を利用したい場合は、実際に知人の会社でアルバイトとして雇用してもらうなどの方法をとるといいでしょう。

職業欄は工夫して書く

チャットレディの職業は言い換えれば「個人事業主」や「フリーランス」と呼ぶことができます。そのため、職業欄にはチャットレディではなくそのように書くようにしましょう。

個人事業主やフリーランスと書いた場合、どのような事業をしているのか聞かれる場合もあります。その時は在宅でパソコンを使用する仕事と伝えるといいでしょう。

最近は在宅ワークも増えているので、チャットレディのマイナーさや信頼性のなさをカバーしてくれるので是非利用してみてください。

賃貸保証会社を利用して契約する

お金はかかってしまいますが、賃貸保証会社を利用することで審査が通りやすくなると言われています。賃貸保証会社は入居者が家賃を払えなくなった時、代わりに支払いをしてくれる会社です。

実際に保証を行っている会社なので、大家さんや管理会社も安心して賃貸契約を結ぶことができます。

賃貸保証会社に支払う費用は、月額家賃の30~100%です。これを毎年支払うことになります。

賃貸保証会社を利用することで入居者には審査が通りやすくなるというメリットがありますが、大家さんや不動産会社には家賃の滞納があった際に代わりに支払ってもらえたり滞納家賃の回収を代わりにしてもらえたりするなどのメリットがあります。

このように、支払いは入居者が行いますがメリットが大きいのは部屋を貸す側です。また、賃貸保証会社は入居者が選べない場合もあります。

過去に利用した賃貸保証会社で滞納があった場合利用できないこともあるので注意しましょう。

ナイトワーク専門の物件を探す

スナックやキャバクラなどのナイトワークで働いている人も、賃貸契約の審査に通りにくいといわれています。チャットレディと同じように、収入が安定しないことが理由です。

スナックやキャバクラなどのナイトワークは昔からある職業なので、そのナイトワークの人を専門とした物件を扱う不動産会社が存在しています。

ナイトワーク専門なので、収入が不安定な人でも契約しやすい物件情報や契約しやすくなるコツや条件を把握していてアドバイスしてくれるなどのサポートをしてくれます。

ただし、収入が不安定でも契約しやすい物件は普通よりも限られてしまったり、通常よりも費用がかかってしまったりすることがあるので注意しましょう。

費用が多少割高になってもいいという方には、安心しておすすめできるテクニックとなります。

代理店を上手く利用する

チャットレディの代理店ではチャットレディが遭遇する様々なデメリットに対応する対策が用意されています。大手の代理店であれば、アリバイ会社を持っている場合が多くあります。

アリバイ会社に勤めることで在職証明書の発行もしてもらえますし、会社員になるため安定した収入があるという信頼を得ることができます。

また、チャットレディの代理店を活用することで確定申告書の第二表に記入する会社名に代理店の運営会社の名前を書くことができます。

アリバイ会社なのでチャットレディの会社だということがバレることはありません。会社名を検索してもインターネット関連業やプロダクション業務などの業種が書かれているので安心です。

チャットレディ代理店はチャットレディに関するプロなので、今回の賃貸契約のように困ったことがあれば親身に相談に乗ってもらえます。

コメント
他のテクニックのように費用が多くかかってしまったり、口裏を合わせたりするなどの面倒なこともしなくて済みます。代理店の活用は一番簡単でおすすめの方法なので、検討してみてください。

チャットレディが賃貸契約をする方法は代理店の活用が簡単

チャットレディが賃貸契約をする方法は代理店の活用が簡単

チャットレディは賃貸契約の審査が通りにくくても、様々な方法で部屋を借りることが可能です。その中でも簡単な方法は代理店を活用することでしょう。
誰にも迷惑をかけずにチャットレディの仕事をしていることがバレずに済みますし、リスクの回避も可能になります。

ただし、代理店ならどこでもいいというわけではありません。大手の代理店であってもアリバイ会社がないところもありますし、そもそもアリバイ対策に重点を置いていない場所もあります。

アリバイ対策もしていると謳っている代理店でも、実際に契約の時になったら頼りがいもなく契約ができなかったということになる可能性もあります。

そうなると、どこの代理店を選べばいいかわからないという人もいるかと思います。
そんな人にはチャットレディAlice広島をおすすめします。

Aliceのスタッフはチャットレディの専門家が揃っているので、アリバイ対策もしっかりしてくれます。賃貸契約の件以外でも稼ぎ方の相談などに的確な回答をしてくれますよ。

少しでも迷ったら一度電話してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です