広島のチャットレディも知りたい、映像・画像の流出対策とは?

チャットレディの流出対策は必須

広島でチャットレディの仕事をしようと思っている人にとって、自分の個人情報やスクショ画像・動画が動画投稿サイトなどネット上に流出するリスクは不安要素でしょう。
パソコンやスマホが身近になり、一般人も盗撮被害に遭いやすい時代です。
安心してチャットレディとして活躍するなら、盗撮・流出対策は必須となります。
もちろん、サイト側で様々な対策は行っているようですが、自身でできる流出対策を知っておくことで、自分の顔写真や動画などがネット上にアップされて拡散されるリスクは軽減可能です。

コメント
今回は、広島のチャットレディに知っておいて欲しい、映像・画像の流出対策と、流出した場合の対処方法をご紹介していきます。

チャットレディの動画や画像が流出するとどんなリスクがある?

チャットレディの仕事では、会話で男性客を楽しませるだけでなく服装や行動などでのサービスもあるので、スクショなど盗撮リスクも否定できません。
もちろん、お客さんが自分で個人的に楽しむだけのケースも多いものの、動画投稿サイトに流出する可能性もあります。また動画に限らず、キャプチャ画像を撮られる可能性もあります。実際に、海外サイトでのアダルト専門の掲示板や、アダルト動画サイト、まとめサイトやSNSなどにチャットレディの盗撮画像が流出した事例があり、様々なリスクがあると言えるでしょう。

顔バレ・身バレのリスク

チャットレディの盗撮・流出リスクの中でも、特に顔バレ・身バレには注意が必要です。
お客さんがスクショして流出させた画像が、会員以外も閲覧できるネット上に拡散されてしまえば身バレのリスクがあるでしょう。
もちろん、広島在住の知り合いが同じライブチャットの会員なら、そこから身バレする可能性もあるものの、基本的にライブチャットサイトに登録していることを自分から言う人は少なく、広島に住む知り合いの会員から身バレするリスクはそれほど高くありません。
むしろ誰もが閲覧できるネット上に画像や映像が流出することが危険で、顔バレ・身バレを避けたいチャットレティにとって大きなリスクとなります。

チャットレディが流出対策をするポイント

ライブチャットサイトは、日本国内では身バレ対策・流出対策にしっかりと対応しているため、基本的には盗撮リスクは低い傾向です。
万が一、チャットレディの盗撮画像・映像が流出した場合も、誰がいつサービスを利用した際のものかを特定できます。

コメント
それでも、自分の盗撮画像・映像が流出するリスクは、チャットレディ本人にとっては不安要素となるので、チャットレディ自身ができる流出対策を2つご紹介しましょう。

チャット中は男性客の名前を何度も呼ぶ

ライブチャット中は、閲覧してくれている男性客の名前を何度も呼んでみましょう。
お客さんの名前を呼ぶチャットレディの声が入った動画なら、撮影者は自分の名前が音声に残っているため流出しにくくなります。
流出させれば、犯人の名前を連呼する動画となるため、発覚する可能性を恐れるのが心理です。
また、名前をチャットレディに何度も呼ばれれば男性客は嬉しい気持ちになるので、リピーターになってもらえる確率もアップします。
「あなたの名前を呼べて嬉しい」と言いながら親密にコミュニケーションするようにすれば、名前を連呼しても可愛らしく見えて、不快に思われることもないでしょう。

背景に時計とカレンダーを映す

ライブチャット中は、事務所側がアクセス情報を記録しているケースも多いです。
それでも、男性客側は自分のアクセス情報が記録されていることを知らない場合もあり、盗撮してもバレないだろうと気軽にスクショしまうこともあります。
チャットレディ自身が自分の盗撮を防ぐには、男性会員に「自分が犯人だとバレるかも」と思わせる画面を意識すると有効です。
犯人を特定するためには、画像そのものにチャットの日時を記録して証拠を残しましょう。
つまり、チャット画面の中に時計やカレンダーを映し込んで、チャットの日時が分かるようにしておくと盗撮・流出対策になります。
時計もカレンダーも部屋にあって違和感があるものではありません。
盗撮が目的ではない男性会員にとっては、インテリアの一部に過ぎないでしょう。
しかし、盗撮目的の男性にとって、時計やカレンダーは犯行日時が証拠に残るアイテムです。
チャットレディが手軽に実践できる流出対策となります。

万が一の流出にチャットレディが備える方法は?

万が一の流出にチャットレディが備える方法は?

広島でチャットレディをするなら、やはり万が一の流出にも備えておくと安心です。
もし流出して知り合いに見られた場合でも、自分に似た他人だと言い逃れができるような工夫をしておくと良いでしょう。
ここからは、万が一の流出があっても身バレしない、チャットレディができる3つの対策をご紹介していきます。

顔出しを避ける

チャットレディのお仕事でアダルトありのライブチャットの場合、男性会員から性的なリクエストがあることも多いです。
もし、アダルト系のリクエストに応えるなら、顔出しを避けましょう。
顔と体を同時にカメラに映さないことがポイントです。
画像・動画の流出リスクは、顔と体が映ったアダルト系で高くなります。
流出リスクを下げるには、初めから顔出しをしないか、アダルトのリクエストに応える際に顔を極力出さずに体だけを映すようにしてください。
もし、流出した場合でも体だけなら身バレのリスクは減ります。
体だけで知り合いや家族に身バレする可能性は低いです。

メイクや服でイメチェン

顔出しをする場合、普段のイメージとは違う雰囲気にすると万が一の流出にも備えられます。
身バレ・顔バレ対策としては、メイクや服装の工夫がおすすめです。
メイクでは目の印象を変えると、画面上での雰囲気が大きく変わります。
普段は濃いめのアイメイクならチャットレディの時は控えめにするなど、アイラインの引き方やアイシャドウの濃さや色などをチェンジしてみましょう。
ヘアスタイルも印象を大きく変えられる部分です。
ショートヘアならロングヘアに、ロングヘアならショートヘアに、ウィッグで髪型を変えます。
髪色も変えるとより印象を変えられるでしょう。
そして、服装の雰囲気もいつもの自分とは違ったテイストを選んでみてください。
チャットレディのお仕事の時だけ派手系にしてみても良いでしょう。
さらに、口元をマスクで覆って目元だけが見える状態なら、身バレのリスクが軽減できます。
もし、イメチェンだけでは不安なら、あえてwebカメラの画質を落とすという方法もあります。
画質を落とすと盗撮はされにくい傾向なので、わざとボカシたような画質にしておくのも盗撮対策・身バレ対策になるでしょう。

架空のプロフィールを使う

お客さんを掴むにはプロフィールが重要なものの、チャットレディのお仕事用に用意するプロフィールには本当のことを書かないようにしてください。
運営会社や事務所に提出するプロフィールと違っていても大丈夫です。
もし、知り合いにプロフィール画面を見られた場合でも、情報の内容が違えば身バレを防げます。

流出したかを調べる方法と対処法

チャットレディとして仕事を続けていると、しっかり流出対策をしていても本当に流出していないかは気になるのではないでしょうか。
自分の映像や画像がネット上に流れていないかを調べたい場合は、以下のキーワード検索で確認してみてください。

  • 自撮り オナニー
  • 素人 オナニー
  • オナニー 配信
  • オナニー 生放送
  • ライブチャット 流出動画

その他、似たようなキーワードを組み合わせて検索をかけながら、自分のチャット中のスクショ画像・映像がネット上に違法アップロードされていないかを確認できます。
もしも、検索した結果、自分の盗撮画像・映像が流出していたなら、サイトに削除依頼を出しましょう。
もちろん、自分の盗撮動画をチャットレディ本人が自ら検索し探し出すことは精神的にも負担となる可能性があります。
違法動画・画像の削除要請を代行してくれるサービスもあるので、活用してみてください。

しっかり流出対策をしてチャットレディとして活躍しよう

流出対策はチャットレディにとって必須で、特に身バレを防ぎたい人にとっては自分でできる流出対策は知っておいて欲しい内容です。
また、上手に流出対策をすれば、男性会員をリピーターに導くこともできます。
しかし、自分では流出しないように対策をしたつもりでも、万が一という可能性は否定できません。
だからこそ、流出に備えて顔出しやメイク・服装に十分注意しながら、身バレしにくいポイントを抑えておきましょう。

広島のチャットレディAliceでは、映像・動画の流出対策を徹底しています。
万が一の流出に備えたチャットレディが自分でできる対策方法も丁寧にアドバイスしているので、安心して高収入を叶えましょう。
もちろん、男性会員にリピーターになってもらえるコツも伝授しています。
プライベートを守りながらチャットレディとして活躍したいなら、サポート体制のしっかりした広島のチャットレディAliceがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です