チャットレディの海外サイトは危険?チャットレディの噂の真相

チャットレディの海外サイトが危険って本当?国内のチャットレディサイトのほうが安全?

チャットレディの噂の真相

チャットレディは女性なら簡単に始められる高収入アルバイトとして注目を集める反面、あまりメジャーな仕事ではないため怪しい仕事なのではないかと思っている人も多くいます。怪しい仕事かもしれないという疑惑から、チャットレディについてネット上で検索をしてみたという人もいることでしょう。検索していると、チャットレディの海外サイトで働くことは危険であり、国内サイトで働いた方が安全という内容を目にしたかもしれません。果たしてその情報は本当なのか気になりますよね。

今回は、なぜ海外サイトよりも国内サイトの方が安全と言われているのか、そもそも海外サイトはなぜ危険だと言われているのか、国内サイトと海外サイトの違いについて一挙公開していきます。

チャットレディの国内サイトは海外サイトより安全という噂の真相!

チャットレディの海外サイトなため、国内サイトで仕事をしようという情報は出回っていますが、国内サイトだから絶対に安全という考え方は間違いです。チャットレディとして背負うリスクは、国内海外関係なく発生します。

国内サイトで働くからといって安心せず、自分の身は自分で守って高収入を稼いでいきましょう。そのためにも、国内サイトでも起こりうる危険についてご紹介します。

キャプチャやスクショの危険

国内サイトであっても、男性会員がチャット中のスクショやキャプチャをする危険性があります。画像のスクショや映像のキャプチャは簡単に行うことができますし、撮られている側は気付くことができません。海外サイトはスクショもキャプチャもし放題で、国内サイトならスクショやキャプチャはできないようになっているというわけでもないのです。

もちろん、国内サイトでは盗撮はいけないというルールはあります。ルールがあるだけで、個人利用目的のお客さんが盗撮をしたかどうかは誰にもわからないのです。スクショやキャプチャをされたくなければ、自分でしっかりと対策を行いましょう。国内海外どちらのサイトであっても、対策を行えば安全に仕事ができますよ。

画像や映像の流出リスク

スクショ画像やキャプチャ映像を個人利用目的で保管する男性客はまだいいのですが、営利目的やSNSなどで注目されたいがためにそれらの画像や映像を流出させる悪質な男性客もいます。流出行為は立派な違反行為のため男性側にもリスクがあり、わざわざリスクを背負ってまで流出させる人はごく稀です。しかし、ごく稀のところに当てはまってしまうリスクはあります。

流出のリスクも、しっかりと対策を行うことで回避可能です。アダルトで仕事をしている人は顔出しをしない、顔と身体を一緒に映さない、ノンアダルトでもカレンダーや時計を画面上に映したり、ウィッグやメイクで別人に変装したりとできることはたくさんあります。

国内サイトならロゴが表示されるから大丈夫と書かれているところもありますが、最近の動画や画像の編集技術はすごいので関係ありません。しっかりと対策をして行きましょう。

個人情報の特定リスク

チャットレディを在宅で行っている人がうっかりやってしまいがちなのですが、画面に映り込んでいた机の上に免許証などの個人情報が乗っていて、特定されるということがまれにあります。他にもカーテンの隙間から見えた景色から自宅が特定されるということも。こういったリスクは、国内サイトでもあり得ます。ただ、自分が気をつけるだけで防げるリスクなので気を付けていきましょう。

ついうっかりしやすい人は、代理店に登録して通勤を選ぶことでリスクを大幅に防ぐことができます。代理店には個室のチャットルームがあるので余計なものはありませんし、カーテンもしっかり閉まっているので身バレ対策も万全です。

ライブチャットのプロが集まっているので、いい環境で安心して仕事ができますよ。

チャットレディ海外サイトはなぜ危険なの?国内サイトとの違いとは

チャットレディとして働く上で国内サイトでもリスクがあることがわかりました。ではなぜ、海外サイトは危険だと言われているのでしょうか。その理由をご紹介していきます。

違法性が高いと言われているため

海外サイトが危険という情報を耳にした人は、海外のライブチャットに出演すること自体が違法であるという認識をしたかもしれません。さらには逮捕される危険性があるということまで情報として入ってきた人もいるでしょう。実際海外のライブチャットサイトに出演すること自体は全く危険ではありませんし、違法性もありません。

海外では性器を露出することは違法とされていないので、海外にサーバーを置いている海外サイトなら性器の露出をしても構わないという情報を流す人がいます。この情報はデマであり、日本でライブチャットを行うのであれば性器を露出してしまうと完全に違法行為となってしまいます。

こういったデマを信じて性器の露出を行なった人が逮捕された事例はあります。しかし、日本の法律をしっかり守ってさえいればその危険性はありません。国内サイトは規制が厳しいだけで、国内サイトで露出を行えば同じく違法となります。

また、国内サイトで過激なパフォーマンスを行い、2009年に運営者や一部の出演者が逮捕された事件がありました。海外サイトでももちろん違法行為していはいけませんが、国内サイトで行ってしまうと逮捕の危険性はより高まります。国内にサーバーがあるので国内会社調査もしやすいのです。この事件は過激なパフォーマンスとわいせつ中継ほう助容疑を行っていたがために逮捕されるという結末になりました。違反行為をせずに真面目に仕事をしていればこのようなことは起こらないので安心してください。

アフィリエイターによる印象操作

海外サイトが危険という情報出回った根源には「アフィリエイター」が関係しています。アフィリエイターとは人が興味を持つ記事を書き、そこに広告を載せることで広告から商品などを購入してもらい報酬を得ている人を指します。チャットレディ代理店の広告を載せて紹介料をもらうために、海外サイトの株を下げて紹介料をもらうという仕組みです。

海外サイトは広告が存在しないため、国内サイトをよく見せるために勝手にデマを流された被害者のようなものです。海外サイトのことをよく知ることで危険ではないということがよくわかりますよ。

海外サイトはさらに高収入

海外サイトは国内サイトよりも時給単価が高く設定されています。より高収入を稼ぎたいという人であれば、海外サイトの利用がおすすめです。過激なパフォーマンスや露出を行わないことと、身バレ・スクショ対策をしっかり行うことで安全に高収入を稼ぐことができます。

働いていくうちにお客さんから「海外サイトだから露出しても平気だよ。してくれたら○○円あげる」といった誘惑をされることが増えていくかもしれません。そのお金が多かったとしても、誘惑に負けずに違法行為をしないと固く心に決めて働いてください。自分の身は自分で守るようにすることで安全に働くことができます。

日本で働くからこそ違法な行為であって、海外で同じサイトを利用する場合は違法ではなくなります。アメリカやカナダなどに移住して稼ぐという手もありますよ。カナダであれば永住権やワークビザなどがなくても、チャットレディなどのオンラインの仕事は働くことが可能です。自分なりの働き方を見つけてみてくださいね。

チャットレディとして海外サイトを安心して利用したいなら代理店登録!

せっかくチャットレディとして働くのであれば、より高収入をめざしていきたいですよね。上限なく稼げるのが魅力であるチャットレディのお仕事なので、海外サイトに興味を持った人もいるのではないでしょうか。ただ、自己管理の徹底が苦手だという人もいるでしょう。

そんな人には自分でサイトに新規登録をするのではなく、代理店に登録することをおすすめします。代理店に登録すれば、身バレ対策を自分ではしきれないところまでサポートしてくれますし、スクショ対策やさまざまなリスクに対しても隅々までアドバイスしてくれます。もちろん様々な相談に対する回答も丁寧にしてくれますし、稼ぐためのノウハウも充実していますよ。

ただ、代理店ならどこでもサポートが充実しているというわけではありません。代理店選びは慎重に行いましょう。ブログの記事でランキング上位になっている チャットレディ代理店などは優良であることが多いですよ。

中でもおすすめなのが、チャットレディ代理店Alice広島です。アリスではスクショやキャプチャの流出対策のためにネットの巡回を常に行ってくれますし、様々なリスクに対してサポートをしてくれます。海外サイトでの注意事項もしっかり教えてくれますよ。外国人男性客への接し方のノウハウも教えてくれます。

少しでも気になったらアリスへ面接に行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です