チャットレディは本業に適してる?始める前に知るべきこととは

チャットレディを本業にする人はいる?副業のイメージが強い!

本業だけの収入では好きなものを買えなかったり生活が苦しかったりと、様々な理由で副業をしている人は多くいるでしょう。副業となると学校や仕事終わりに働くか、休みの日に働く、または専業主婦が家事の合間に働くという選択になります。会社員などの女性の場合は夜の仕事を選ぶ人が多いでしょう。

そんな中で人気なのがチャットレディの仕事です。チャットレディは自由にシフトを決められるので、無理することなく高収入を得ることができます。また、インターネットを利用するため全国の男性を接客する機会ができ、店舗型のお仕事よりも効率的に稼ぐことができます。

チャットレディの仕事の仕組みから、本業の仕事の収入を軽く越える人もたくさん存在します。しかし、チャットレディを本業とする人は少ないのです。

コメント
今回はチャットレディを本業にする人が少ない理由と本業にする場合の注意点などについて徹底解説していきます。

チャットレディは本業よりも副業が多い理由!副業として魅力的

チャットレディを本業ではなく副業として選ぶ女性が多いのには、副業としてのメリットが多くあることに関係があります。どんなメリットがあるのかご紹介していきましょう。

18歳以上の女性なら誰でも簡単に始められる

チャットレディは経験や資格は全く関係なく、18歳以上の女性であれば誰でも働くことができます。18歳になっていても高校生であれば働くことができませんが、上限の年齢で言えば熟女好きの男性を相手とする熟女ジャンルのライブチャットサイトに登録することで、40代〜70代の女性が働く場合もあります。

このように、チャットレディとして働く資格はとてもゆるいものなので最初から始めやすいのです。ジャンルの種類は熟女や若い子だけではなく、アダルトやノンアダルトの種類も存在します。ノンアダルトの平均時給は3600円〜3900円、アダルトの平均時給は6000円〜9000円です。

人によって差はありますが、一般のアルバイトをするよりも高収入であることは一目瞭然です。アダルトが苦手な人はノンアダルトでも十分稼げるので苦手意識がある人でも安心して働けます。

現金日払い制度が嬉しい

チャットレディの仕事は代理店に登録し、通勤・在宅勤務を選ぶ方法と自分でライブチャットサイトに直接登録して在宅で仕事をする方法があります。代理店に登録し通勤を選択することで出勤日に報酬を現金日払いで受け取ることができます。

高収入の副業を始める際は金欠状態の人が多くいるでしょう。その場合、働いた初日から現金手渡しで報酬をもらえることは大きなメリットです。主婦の人がランチ代を稼ぐために1時間だけ働くという場合もあります。そんな急な出費が必要になった際も働いたその日にお金が受け取れるのはこの仕事ならではです。

チャットレディを本業にする場合の注意点|デメリットも把握しよう

チャットレディの副業としてのメリットはわかっても、なぜ本業にする人が少ないのかはよくわからないという人も多いでしょう。副業としてはメリットが大きくても本業となるとデメリットも現れてきます。

コメント

 

本業にする場合どんなデメリットが存在するのかご紹介していきます。

完全歩合制のため収入が安定しない

チャットレディの仕事は、一般的な会社員やアルバイトのように時給や月給が決められておらず、自分で稼いだ金額をそのまま受け取るという完全歩合制の仕事です。この完全歩合制が上限なく稼げる仕組みになっているのですが、お客さんが全くチャットに入ってくれなかった日などは何時間働いても0円という日もあるのです。

稼げる日は1時間で1万円以上報酬が発生するということもありますが、0円の日があっては収入が安定しません。1ヵ月に100万円稼ぐチャットレディも、毎月その金額を稼いでいるかというとそうではありません。100万円稼ぐ人が次の月は0ということはないですが、生活水準を毎月変えるのはストレスになってしまいます。

こういった理由から、本業は別で持ちながらチャットレディは副業にするという人が圧倒的に多いのです。

社会保険料の負担がネック

会社員として働いている際は、会社が社会保険料を給料から天引きしてくれています。働いて稼いだ給料から天引きするだけではなく、その同じ金額を会社プラスして負担してくれているのです。会社と自分で半分ずつ払っています。

もしも、チャットレディを専業とする場合は会社が負担してくれていた金額も自分で払わなければいけません。社会保険料の負担は高収入を稼げば稼ぐほどに大きくなっていきます。

個人事業主として確定申告を行う必要がある

確定申告が必要

本業の会社員を辞めてチャットレディを本業とする場合、一定の金額以上を稼いだら個人事業主として確定申告を行う必要が出てきます。会社員の場合は、会社が毎年年末調整を行って税金の計算をしてくれますが、チャットレディのような業務委託の仕事の場合はそれをすべて自分でやらなければいけません。

もちろん副業でも一定の金額を超えれば確定申告を行わなければいけませんが、個人事業主として確定申告を行わないため税金が多くはかかりません。会社員と比べて個人事業主の場合は控除額も低く、個人事業税などもかかってしまいます。

副業であれば雑収入として処理できるため、個人事業主になると手間が増えてしまいます。節税対策にも頭を悩ませることになるでしょう。

本業にするまで時間がかかる

チャットレディは高収入を稼ぐことができるので、本業にして長い時間働くことにメリットを感じる人も多いでしょう。しかし、本業にするには様々な手続きが必要になってくるため時間がかかります。

こうした面倒な手続きのことを考えると、副収入のまま高収入を稼いで行こうと考える女性が多いのです。

チャットレディを本業にするなら準備が必要

チャットレディを本業にするデメリットを知った上で、それでも本業にしたいと思う人はいることでしょう。チャットレディを本業にする場合、どんな準備が必要なのかを紹介していきます。

知名度を上げる

チャットレディを本業とするのであれば、安定した収入が必要になります。完全に安定させるのは難しいですが、ある程度の収入を保つためには常連の男性客を掴む必要があります。

常連さんを増やすためには、多くのライブチャットサイトに登録するといいでしょう。ライブチャットサイトを1つに絞ってしまうと、ログインした際にお客さんが少なくてもただ待つしかできません。

多くののライブチャットサイトに登録しておくと、どのサイトにログインするか決めることができます。事務所によって扱うライブチャットサイトが違う場合があるので、複数の事務所に登録することもおすすめです。

また、収入に不安がある場合は収入保障制度を採用しているサイトを選ぶのもいいでしょう。

強い身体と精神力が必須

チャットレディは業務委託のため、一般的な会社のように有給などの福利厚生が存在しません。高収入であったり、自由シフトであったりと楽な面は多いですが、会社員が受けられる保証がなくなってしまうのです。

そのため、体調や精神を壊してしまうと回復するまで収入がなくなってしまいます。収入がないと生活もできなくなってしまうので、強い身体と精神力を持つことはとても重要です。

メンタル面の疲れは男性に気づかれてしまいます。気付かれてしまうとそのまま報酬に反映されることもあるので、体調管理やメンタル面を強く持つことは徹底していきましょう。

アダルトへの移行検討

ノンアダルトでも一般的なバイトよりはかせぐことができます。しかし、どうしてもアダルトのほうが報酬はいいことは事実です。また、アダルトを好む男性のほうが多いので一定の需要があります。

本業として働くのであれば需要の多いアダルトへ移行することも検討してみてもいいかもしれません。もちろん、ノンアダルトでしっかり常連さんを獲得してから本業にしても賢い選択であるといえますよ。

チャットレディを本業にしても安心な代理店に登録しよう

チャットレディを本業にしたいと考えていても、副業のメリットや本業のデメリットを見て少し悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

もしも本業に興味があっても一歩踏み出せないと思っている人は、代理店に登録することをおすすめします。登録する代理店によりますが、本業にする場合しっかりとサポートしてくれるというところも存在しますよ。

中でもおすすめなのが、チャットレディ Alice広島です。アリスではボーナス制度も充実していて、チャットの報酬以上に稼ぐことも可能ですし、顧問税理士や経理スタッフ、公認会計士が確定申告の相談にも親身に乗ってくれます。

コメント

正社員制度も存在するので一般の会社員のように福利厚生を受けながらチャットレディとして働くことも可能ですよ。少しでも気になったらアリスの求人サイトから体験に行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です