チャットレディ業界はコロナ禍と比べてどう変わった?コロナ対策をしたい人に参考にしてほしい働き方も紹介

チャットレディ業界はコロナ禍と比べてどう変わった?コロナ対策をしたい人に参考にしてほしい働き方も紹介
目次

チャットレディはコロナ禍と今ではどっちが稼ぎやすかった?

2020年以降、世界中全国で蔓延した新型コロナウイルス。当時よりは騒がれることはなくなりましたが、まだまだウイルス自体は存在します。

今からチャットレディを始めようとしている人の中には、「コロナ禍のチャットレディ業界はどのような感じだったんだろう」と気になっている人もいると思います。

この記事では、そんなコロナ禍のチャットレディ業界について紹介していきます。

「コロナ禍と今ならどっちが稼ぎやすいのか?」というところも紹介するので、是非チェックしてください。

コロナ禍のチャットレディ業界の状況とは?

コロナ禍のチャットレディ業界は、一種のバブルのような状況でした。巣ごもり需要に合致したことでライブチャットサイトの利用者は急増し、アクセスがしづらくなるようなサイトも。

「この時期からライブチャットサイトを利用し始めた」というお客さんも多く、ライブチャットサイトが広く知れ渡るきっかけにもなりました。

キャバクラや風俗のお客さんが流れてきた

コロナ禍は、キャバクラや風俗からお客さんがライブチャットサイトに大量に流れてきました。

コロナ禍は、「キャバクラや風俗に行ってはいけない」という風潮があり、全国的に見て休業する夜のお店も多数見受けられました。

しかし、男性は女性とお話をしたりアダルトな行為をしたりする機会を求めており、この需要に上手くハマったのがライブチャットサイトです。

ライブチャットサイトでは、チャットレディとお話をしたり、アダルトな行為ができます。実際に会わずにこれらのことができるので、コロナに罹るリスクなく安心して利用できるという点も人気に拍車をかけることになりました

それだけチャットレディの数も多かった

業種によっては、金銭的な大きな被害を受けることになったコロナ禍。コロナによって仕事を奪われた人も多かったでしょう。

職を失った女性が、チャットレディになる道を選択することもあり、コロナ禍はライブチャットサイトの利用者だけではなく、チャットレディの数も急増しました。

お客さんが多いと聞くと、「それだけ稼げたんだろう」と考える人も多いと思います。しかし、お客さんの数に比例してチャットレディの数も増えたことで、競争率が激化したのは間違いありません。

ライブチャット的にはバブルでありながら、「なかなか稼げない」というチャットレディがいたのも事実です。

コロナ禍以降のチャットレディ業界の状況はこんな感じ

今では当時ほどのパニックは落ち着き、日常を取り戻したといってもいい状況になりました。コロナ禍以降の今のチャットレディ業界は、コロナ禍やその前と比べて変化はあったのでしょうか。

ここでは、コロナ禍以降のチャットレディ業界の状況を紹介していきます。

コロナ禍よりはお客さんが減っているのは事実

ライブチャットサイトのお客さんは、巣ごもり需要を受けていた当時に比べると、だいぶ落ち着いてきました。

どのサイトでもアクセスしづらいということはなく、当時に比べると快適にお客さんは利用できています。中には、「コロナ禍と比べるとお客さんが半減した」というサイトも。

ただ、コロナ禍の利用者の増加数が異常だったわけで、この減少については特段意外性があるわけではありません。

それでもコロナ禍前よりはお客さんは多い

コロナ禍に比べると減少したライブチャットサイトの利用者。しかし、コロナ禍前と比べると利用者は多くなっています。

コロナをきっかけにライブチャットサイトを利用した人の中で、今でも使い続けている人もいます。また、スマートフォンで利用できるライブチャットサイトも増えており、このおかげで利用者を維持できているサイトも。

コロナ禍にいたお客さんがごっそりいなくなったわけではないので、活気があるライブチャットサイトは未だに多いです。

チャットレディの数が減ってきているので稼ぎやすい

先ほど紹介したように、コロナ禍はお客さんだけではなくチャットレディの数も増加したことで、稼げなくなったチャットレディも実際にいました。

今では、コロナ禍に始めたチャットレディが辞めていることもあり、チャットレディの数は落ち着いています。

コロナ禍では、ライバルが多すぎて「待機をしても全然選ばれない」ということもありましたが、今ではそこまで苦労せずお客さんを見つけられるように。

そのため、「当時より稼げるようになった」というチャットレディもたくさんいます。

あわせて読みたい
簡単に稼げるってホント?チャットレディの仕事内容を徹底解説! 【チャットレディの仕事内容は簡単?楽な仕事だからこそ不安点多数!】 最近チャットレディという仕事に興味を持つ女性が急増しています。直接男性と会わなくてもいいの...

まだまだコロナが怖い!チャットレディがコロナにならないために働く方法

ピーク時に比べると落ち着いてきた感がある新型コロナウイルス。しかし、それでもまだまだコロナに罹る人はいます。

チャットレディの中にも、「コロナが怖い」という人もいるでしょう。

ここでは、コロナが怖いチャットレディのために、コロナに罹らないための働き方を紹介していきます。「高齢の親と同居している」「持病があってコロナになるわけにはいかない」という人は、以下の方法で感染対策を行ってください。

在宅チャットレディを選ぶ

コロナ対策をするのなら、通勤ではなく在宅チャットレディとしてお仕事を行うようにしましょう。チャットレディの仕事は、完全在宅勤務が可能で、外に一歩も出ないで仕事をすることができます。

通勤をしてしまうと、人との接触が増えるので感染するリスクもそれだけ増えてしまいます。

完全在宅勤務が可能な仕事だからこそ、徹底的にコロナ対策をしたいのなら在宅勤務がおすすめです。

通勤するなら電車が混雑する時間帯を避ける

「家に配信をするための機材がない」「家族と同居しているので家では配信できない」という理由で、在宅勤務をしたくてもできない人もいるでしょう。

このような人は、通勤チャットレディとしてチャットルームに通勤しなければなりません。

このチャットルームに通勤するのなら、電車が混雑する時間帯は避けるようにしてください。朝の出勤ラッシュに紛れながら通勤してしまうと、コロナに罹るリスクが非常に高くなります。

また、電車ではなく車や自転車、徒歩で通勤することで感染リスクを抑えられます。チャットルームまでの距離を考え、できるだけリスクを抑えられる方法で通勤することが大事です。

チャットルームの換気を行う

チャットルームで仕事をするときは、換気をこまめに行うようにしましょう。

チャットルームの中には、住所バレ防止のために窓がないところもあります。このようなチャットルームは換気が上手くできません。

「コロナが怖い」という人は、窓の開け閉めができるチャットルームを探すようにしてください。

スタッフや他のチャットレディとの接触は極力避ける

チャットルームがある店舗には、スタッフや他のチャットレディもいます。このスタッフや他のチャットレディとの接触で、コロナに感染することもあります。

感染対策を行うのなら、極力他の人との接触は避けることが大事に。

「スタッフに仕事の相談をするときはLINEを使う」「他のチャットレディとは関わらない」などの対策が求められます。

コロナ対策をしている代理店に登録する

代理店の中には、未だにコロナ対策をしっかり行なっているところもあります。このような場所を選ぶことで、コロナ対策をしながらチャットルームで仕事ができるでしょう。

逆に、コロナ対策をしていない場所だと、感染リスクが高くなります。

代理店選びをするときは、コロナ対策の有無の確認を忘れずに行うようにしてください。

チャットレディの代理店でコロナ対策をしているのはここ

「コロナ対策をしている代理店に登録したい」という人におすすめなのが、チャットレディAlice広島です。こちらの代理店では、店舗内の除菌をしっかり行うなど、コロナ対策を行なっています。

他のチャットレディが使ったチャットルームは、その後、しっかり除菌されるのでコロナに罹るリスクを抑えられます。

また、コロナ対策だけではなく、報酬単価が高いので高い収入を目指しやすくなるのも、チャットレディAlice広島の特徴の一つです。実際に高収入を稼げているチャットレディもたくさんいるので、「この仕事で多くのお金を手にしたい」という人におすすめです。

さらに、仕事の内容をわかりやすく教えている研修も用意。これにより、経験者だけではなく、未経験者でも仕事をしやすくなるでしょう。

こちらの代理店では、他にもさまざまなサポートを用意しています。広島周辺で代理店を探している人は、是非チャットレディAlice広島を選んでください。

あわせて読みたい
Alice(アリス)がなぜ広島のチャットレディ会社で人気があるのか? チャットレディとしてお仕事するにあたって、どの代理店でお仕事をするかはとても大切です。代理店の雰囲気で、お仕事を楽しく続けられるかどうかや、お仕事に向かうモ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次