在宅チャットレディってどんな感じ?|広島チャットレディQ&A

在宅チャットレディってどんな感じ?

チャットレディのお仕事には、通勤チャットレディと在宅チャットレディがあります。 通勤チャットレディとは、このサイトでもたくさん紹介していますが、チャットレディ代理店が用意したチャットルームに出勤して、そのルーム内で、代理店のパソコンやカメラを使って働く働き方を言います。チャットルームは、広島県の場合は広島駅周辺などに多くあります。 対して、在宅チャットレディは自宅で自分の機器を使用してお仕事をする形です。

在宅チャットレディのメリットは、なんと言っても自宅で働く分、通勤の必要がないという点です。 チャットルームは広島駅周辺でアクセスが良いとは言っても、遠方の人にとっては通うのが大変だったり、家を出ること自体が億劫なこともありますよね。 その点、在宅であれば自宅で、完全に自分の都合に合わせて働くことができますし、終わった瞬間寝ることも可能です。 カメラやマイクがない人に対しては、代理店からのレンタルがあることも多いです。

そんなメリットの多い在宅チャットレディですが、その分デメリットもあります。 まずは、自宅で働くため、自宅の一部や窓の外が映りこんでしまうことで、予期せぬトラブルに発展する可能性があること。 そして、スタッフさんのサポートをすぐに受けることが難しいことです。 チャットレディを始めてしばらくは、スタッフさんのサポートやアドバイスを受けることが多くなります。特に、広島のスタッフさんは知識豊富な方も多く、初めてチャットレディをするときにはとても頼りになります。 在宅の場合、チャットツールなどを使ってサポートを受けることになるので、リアルタイム性に欠けるという面があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です