面接ってどんな雰囲気なの?|広島チャットレディQ&A

面接ってどんな雰囲気なの?

チャットレディとして働き始めるためには、まず面接があります。 といっても、チャットレディの面接はあまり難しいことは聞かれません。 お店としては、身分がはっきりしている人か、きちんと常識がある人かを見ているだけで、その人の能力とか、容姿とか、そういうことで面接で落とされるということはまずないでしょう。 面接官はお店のスタッフさんが担当することがほとんど。広島のお店の場合、雰囲気の良いスタッフさんが多いので、そんなに緊張する必要はないと思います。

チャットレディの面接は、チャットルームの近くのカフェなどで行われることが多いです。あるいは、代理店の事務所で行われることもあります。 カフェなどの公共の場では、周りの目が気になったりということもあると思います。 そういう場合には、問い合わせのタイミングで事務所での面接を希望すると伝えておくと良いでしょう。 広島の場合、チャットルームと事務所が併設になっていることも多いので、面接の段階からチャットルームの雰囲気を感じることができるのも、事務所での面接のメリットです。

面接が終わったら、その日からチャットレディとして働くことができるお店も多くあります。 ですが、私としては、面接後すぐに入店するのではなく、必ず体験入店してみることをおすすめします。 体験入店で実際のチャットルームで実際に勤務してみることで、面接だけでは気づかないポイントが見えてきたりもします。 広島のお店は東京に比べると数は少ないですが、それでも複数の代理店があります。その代理店でなければいけないということはありません。 面接と体験入店で、そのお店が自分に合うのかをしっかり見極めて、ダメな時は別のお店を試してみるのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です